「ほっ」と。キャンペーン

Textile designと       クラフト イラスト             日々のこと


by mamaborie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

お久しぶりです。

お久しぶりです。
母の事、仕事の事、等など・・・・。
毎度の事ですが追われておりまして、自分のブログを開いてみるのも1ヶ月ぶり。
いけませんねこんな事では・・・・(反省)
もしこんな状態でもご訪問くださる方がいらっしゃるなら、深く、深ーーくお詫び申し上げます。

母は背骨の圧迫性骨折という、老人特有の骨粗鬆症に起因する骨折による痛みで施設でないと生活できない常態となり、ここ半年以上母の今後の事など決定するのに奔走していたしだいで・・・。
前回のブログの後、娘は元気に(元気すぎる・・・?)帰国し、その後休む間も無く2010年度に向けた就職活動を開始したので、膨大な歴史遺産に満ち溢れた国のシンプルでゆったりと時の流れる生活から一変、スケジュールに忙殺される日々を送っています。

我が家の仕事の方の環境は、やはりアメリカ発の金融危機の影響は大きく 
昨年にも増して思わしくありません。
今回こそ、本当にいつまで続けて行けるのか・・・と、先行きが不透明な状況です。
年末が近づいてさすがに忙しくなってきましたが、働けども働けども・・・・と、いう感じですね(笑)

そんな中、アクセサリー製作の方は、ずっと休んでいたのですがお話を頂いて細々とですが始めております。
また少しずつアップして行きたいと思います。そしていずれはネット販売など始めれたらいいな・・・、なんて考えているのですが・・・。
もしお気に召したものがあれば、鍵コメントででもご連絡くださいね。
本職のテキスタイルやイラストの仕事のご依頼方も、同様にお受けいたしますので・・・。


とまあ、近況はこんな所であまり明るくはないのですが、
娘の旅行の写真のほんの一部、ネガ3本程ですがようやく出来上がりました。
複雑な経済活動にまみれないこういう風景、素敵ですね。
鉄道やバスには時刻表がなく、困っているようなら知らない人にでも話しかけるという、日本が失ってしまったものがこの国にはまだあるようです。
「イスラム」というと、何か特殊で理解しがたい国というイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、
滞在中、暴力や殺人などという陰惨な事件もなく、大多数の人は家族や人との関係を大切にする人情味溢れる人々だったそうです。
むしろ、ギザ高原を訪れた時の「スフィンクスの横で日傘をさしている」日本人観光客の方が奇妙で理解しがたいかもしれません。
バスで知り合ったフランス人青年に「日本人は傘が好きなんだね」と言われて、娘は恥ずかしい思いがしたそうです。

そんなこんなで、(?)
随分古い話になってしまいましたが、お土産の公開です。
(ファラオグッズなど、あまりにも面白かったので・・・笑)


d0076234_1650955.jpg

  町の様子     ここでもオバちゃんの買物カートは活躍してるのですね!!

             日本製かな???

   
d0076234_16472539.jpg



関西人の遺伝子が騒いだのか、娘が値切り倒して買った(?)ファラオライターは、頭から火を噴きます!!

台所洗剤は、ラマダン(断食月)の象徴的なランプの形の容器に入ったもの。
とっても可愛いのですが、日本人の手には若干大きくて持ちにくいのがたまにキズ(汗)

それとなんと言ってもカイロ一番人気のスイーツ店「アブド」のクッキーは素晴らしく美味しかったです☆☆☆
おまけに1.5Kg入りの大きな箱が1000円弱ぐらいと格安☆アイスも美味しいと評判だとか・・・!!

他にやはり値切り倒して買ったガラスの香水ビン。クレオパトラという名のタバコなど紹介しきれないぐらいあります。
どれも格安。
殺伐として値上がりだらけのこの国を逃げ出して、こんなお国で暮らしてみたいな・・・、などと考えてしまったのでした。

おそらく実現は不可能ですが・・・。
それにカイロは都会です。やがては文化的な生活に取って代わられるでしょうし、世界を巻き込む不況の波も近い将来何らかの形で押し寄せてくるのでしょう。
[PR]
by mamaborie | 2008-12-02 12:58 | 日々のこと