Textile designと       クラフト イラスト             日々のこと


by mamaborie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

d0076234_1359134.gif

 *通りぬけできまへん*

関係者以外立ち入り禁止!
駐輪お断り!
火気厳禁!

そんな 全てを拒絶するような張り紙も、京都弁の「この一言」でなぜかやんわり・・・(笑)
京都びとは 流石です!!


雨の中、昨日は久しぶりに京都河原町に行ってきました。
ここは17、8歳から20代前半にかけて、良く通い詰めた町でした。
バブルの辺りからは、変わって行くこの街を見るのが嫌で 何と無く足が遠のいていたのですが、娘から 古い喫茶店がまだ沢山残っていると聞き、2人で出かけてみました。

そんな訳で 観光名所やお洒落なカフェとは一味違う、少しレトロな京都をご紹介します。

 四条西木屋町「ソワレ」
創業昭和23年の老舗の喫茶店。高瀬川沿い
一歩足を踏み入れると、店内は不思議な「蒼」の照明、
そこに浮かび上がる東郷青児氏の絵やリトグラフ。
BGMは一切無い。「ソワレ(soiree)」(夜、宵)と言うだけあって、まるで月夜のよう・・・。


d0076234_1745168.gifd0076234_17628.gif
*店内のシャンデリア*                   *外観です*
d0076234_1782197.jpg
        *蒼い光に映えるカラフルなゼリーたち*


レトロなシャンデリア、
昔のままです!!
いたるところに施されたアールヌーボー調の木彫が見事。
流石にメニューは 昔とは随分変わっています。
(昔、生の花をあしらった「ヴァニラアイス」に嵌ったものでしたが・・・)
で、上の写真手前は娘がオーダーした
評判メニューの「ゼリーポンチ」
「蒼」の照明に、カラフルなゼリーが映えます!
このメニューは、ビジュアルからして食べる人を選びそうなので(笑)
私の方は後ろに見える
「ゼリー珈琲」に・・・。

「珈琲の香にむせひたるゆうへより ゆめみるひととなりにけらしな」

表の石碑には、この店ゆかりの歌人吉井勇氏の歌が刻まれています。
お洒落なカフェで極上のスイーツを・・・と言う方には不向きですが、
独特の美意識、独特の空気・・・。
「ソワレ(soiree)」は今でも変わらず、素敵でした!!

河原町四条「築地」
創業昭和9年。ウインナ珈琲が美味しい、娘一押しの京都一の「老舗喫茶」です。

d0076234_17261418.gif

今回は訪ねる事ができず、とっても残念・・・!
他にピロシキが美味しい先斗町「ウオッカバーナカニシ」等も時間が許せば、行ってみたかったですね。
[PR]
by mamaborie | 2007-03-25 21:55 | 日々のこと
母はまだ病院なのですが、もうかなり元気になったので・・・。

d0076234_1734871.gif

今日は家で、久しぶりにビーズに触れていました!
少し腕が鈍ってるかも・・・。
まずは 中断していたお友達からの依頼のピアスから。
クリスマスに作った リボンとパールのピアスに合わせて、ピアスホールが複数以上の方用に。
わたしにとって、初のセット物です。
4個のセットなので、好きなように組み合わせて使えます。

ですが、う~ん、まだまだ不本意・・・!
何かが足りない。

実はこれ、まだ試作品なのです。
すごく繊細なパーツが必要なのですが、なかなか思うようなのが市販されていなくて・・・(涙)
しょうがない、来週もう一度材料探しに行こうか!!

d0076234_1739499.gif

これは、娘の為に3年ほど前に作ったネックレスと、ピアスです。
いま見れば、大き目のTピンを使った 初心者っぽい造りが初々しい・・・(笑)
煮詰まったときは、初心に帰る!それが一番!!^^
[PR]
by mamaborie | 2007-03-18 22:37 | クラフト
d0076234_16323314.gif


母が入院して、2週間が過ぎました。
相変わらず バタバタの日々で、すっかり更新が滞ってしまい申し訳ありません。
ご心配をおかけしましたが、お陰さまで母もずいぶん元気になり、
食欲などもけっこう出てまいりました。
が、そうなればそうなったで 母の我侭も次なる段階を迎えるわけです。(笑)




そして朝も早くから、恐怖のおねだり電話が・・・(汗)

   
  
  「病院のパンって、ほんと美味しくないの・・・。
      ◯◯のパンを買ってきて!」

  
  「私、今日は具合が良く無くて食欲が無いの・・・。お寿司なら食べられ
   そうなんだけど・・・。」



・・・・って、物凄~くつらそうに掛けて来るのです。
で、仕方なく頼まれた物を買って 
しんどい思いをしているのかと、
恐る恐る 病室を覗いて見ると・・・。


  ・・・え?、元気やん! めちゃめちゃ元気やん!!


考えて見れば、電話を掛けに行けるのですから そんなに弱っているはずも無いのです。


   ・・・ゲッ、してやられた!


「病院の食事は、カロリー計算されている物なんだから残さないように・・」と、
行く度にお説教するのですが、

泣き落とし→おねだり→感謝→再び泣き落とし・・・。

とまぁ、そんな風にうま~く いささか食わせ者の母に使われてしまっている毎日なのです(笑)

日頃、一人暮らしで頑張っている母。
ま、病気のときぐらいは 少々の事は仕方ないですか・・・。^^v
それに病院は家と違って話し相手が沢山いるせいか、妙に楽しそうだし・・・。(笑)

そして、もう一つ・・・
[PR]
by mamaborie | 2007-03-11 18:06 | イラスト&日々のこと

便利という不便

           オッと・・・!  こんな人も使ってます!!
d0076234_23544740.jpg

(かなり見えづらいのが残念ですが、全身ブルーの人の右手には確かにブルーの携帯が・・・)

ここ数年携帯電話の普及率はすごいもので、今や子供からお年寄りまでの幅広い年齢層に利用者が広がっています。(それでも使わない 夫はいったい・・・?)
先日も、電車で隣に座っていた70歳ぐらいのお婆様が、一生懸命メールを打ってらっしゃいました。

デカ文字です!

ものスゴーーいデカ文字ですから
、否が応でも見て・・・いや、見えてしまいます(笑)

で、その内容を見て思わずニッコリ

     「きのうは、キムタクがね・・・」

テレビの話か何かなのでしょうが、
    ・・・なんだか、可愛い・・・(笑)




先週末は 母が急に入院することになり、
なんだかんだバタバタしておりました。
母は、昨年も5ヶ月ほど入院したのですが、
今回は持病の喘息が出ただけなので3週間ほどの予定です。
とはいえ、一通り必要なものを揃えたり、連絡すべきところへ連絡したりと、
わがままな年寄りのこと、結構振り回されたりなんかしていた訳です(笑)

で、当然の事ではありますが 病院というところは、基本的に携帯電話が使えません。
ほんの10年ほど前までは、そんなもの無くて当たり前であった訳なのですが、今のように使い慣れてしまうと・・・。



ま~あ、それはそれは不便な事!!

メールチェックに外へ出る。

連絡するのに外へ出る。


おまけに、姉の住所や連絡先等のデータも携帯に登録しているものだから、
書類に記入するのにも、
「あのぅ・・・、ここで携帯の電源入れても宜しいですか?」
と、いちいち看護婦さんの許可を得ねばならず・・・(汗)
ほんと、だめですね、人間便利なものに慣れてしまっては・・・。

ようやく最後に我家への連絡を終えて 病院の表からロビーに入ってくると、
そこには何と公衆電話が・・・。


  ・・・・え?、コレで掛ければ良かったのでは・・・・(汗)
 


ところで、今でこそ軽量でスマートな携帯ですが、初期の頃は、こんなのだったようですよ。


d0076234_0113061.jpg

[PR]
by mamaborie | 2007-03-01 00:26 | 日々のこと