Textile designと       クラフト イラスト             日々のこと


by mamaborie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今更ですが、「ゆれる」を観た*

お久しぶりです。
母の入院などもあって、時間に追われる日々が続いています。
気付けばあろう事か11月は一度も投稿していなかったのですね。
コメントへのお返事も遅くなったりで、ほんと、もうボロボロで申し訳ありません。

そんな中、先日何作かDVDを観ました。
そのうちの一つがこの「ゆれる」
公開当初から観たかった映画です。
多くの方はもう御覧になっていて、感想も何も出尽くした感も有りますが
遅ればせながら、一言・・・。

ゆれる
d0076234_17511474.jpg

d0076234_1750129.jpg

監督  西川美和

ストーリー

東京で写真家として成功した猛は母の一周忌で久しぶりに帰郷し、実家に残り父親と暮らしている兄の稔、猛に思いを寄せる幼なじみの智恵子との3人で近くの渓谷に足をのばす。だが渓谷にかかった吊り橋から流れの激しい渓流へ、智恵子が落下してしまう。その時そばにいたのは、稔ひとりだった。はたして事故なのか事件なのか、兄弟の心が揺れ動く・・・。(公式サイト参考)


邦画は久しぶりです。
と言っても映画通ではないので決して数多くの映画を観たわけではなく、偉そうな事はいえないのですが・・・。と、先に断っておきますが、
邦画の場合、「大ヒット上映作」と言われる作品はまず観にいかない・・・どころか、DVDすら借りない。なぜなら半年もすればTVで放送するし、私個人の好みですから聞き流していただきたいが、「大ヒット上映作」に心を動かされる作品が有った例が無い!?
公開後のあまりの評価の高さに「作られた大ヒット」とは違うものの、少し疑って罹っていたのですが、見終わった後も深い余韻の残る大変いい映画でした。
キャスティングも香川照之、オダギリジョー、伊武雅刀など芸達者ぞろいで、ストーリーも人物も大変丁寧に描かれていて観る者をどんどん引き込んで行く。
誠実で優しいはずの兄の不可解な言動、戸惑う弟の心。
人の心の深淵を理解する事は難しく、曖昧な記憶は主観によって左右され吊り橋の上のように揺れて動く。
ラストシーンの兄稔(香川照之)の複雑な笑顔は何を意味するのだろう。
道路を挟んだ二人の間に停まるバスが微妙な距離を暗示しているかのようで、上手いなって感じました。
個人的には、伊武雅刀演じる老いた父親が洗濯物を干すシーンが好きでしたが・・・(笑)
ところで、キム兄(検事役)は何で出てたんだろう?(もしかして、息抜き?)

いずれにせよ、真実にたどり着く事の困難さ重さをつくづく感じさせられましたね。
全く余談ですが、近い将来「裁判員制度」なんてものが出来ようとしているけど、本当に大丈夫なのかな?
間違って事件に巻き込まれたり、裁判員に選ばれたりしたらどうしよう・・・!
なんて、オバサンは妄想を膨らませてしまったのでありました^^
[PR]
by mamaborie | 2007-11-24 00:04 | シネマ